国家公務員について

国家公務員に関する情報を紹介します



国家公務員の知識

公務員と言っても、大きく区別すると国家公務員と地方公務員に分けられます。私たちの身近である存在は地方公務員で、主に市役所や区役所の職員、警察や消防隊員などがあげられます。対して国家公務員がどのような職業なのか知らないという方は多いのではないでしょうか。

当サイトでは、国家公務員に関する情報を紹介しています。国家公務員は、行政機関などで働かれている職員の事で、国家公務員法が適応されています。この中でも一般職と特別職に区別されていて、中でお高級官僚に関しては、幹部候補生の中から選ばれるようになっています。国会の承認を得て、それを元に法律に従って業務を行うなどがあります。

公務員というと、定時で仕事が終われるという印象があるかもしれませんが、実際には残業が多い仕事でもあるほか、キャリア官僚となるとさらに辛くなるとも言われています。国家公務員になるためにはまず、国家公務員試験というのに合格する必要があり、その後に各省庁に採用されるといった流れが一般的です。試験といっても様々な種類があり、総合職試験や一般職試験、専門職試験など他にも様々あります。

将来的に公務員になりたいと考えられている方は、まずどの試験を受けるのか明確にしておく事をおすすめします。当サイトではこれらのように、国家公務員に関する情報を紹介しています。より具体的に知りたいという方はぜひ、チェックして参考にされてみてはいかがでしょうか。